忍者ブログ
小説のメモなど
Admin  +   Write
中国4大美人の一人です。ちなみにあと三人は、西施(春秋時代)、貂蝉(三国時代・架空の人物なのに!)、楊貴妃(唐)です。
 内容は美しい王昭君は後宮入りしますが、皇帝陛下ではなく匈奴(異民族)に嫁ぎ、和平をもたらすというものです。
『クィーンズ 長安、後宮の乱』にももちろん出てきました。こっちは王政君が主人公でした。
比較すると、クィーンズの王政君は、つつましく控えめな美しさを持ち、王昭君も聡明で正義感が強い女性でした。
 本作は、王政君は軽く悪い感じで、王昭君は田舎の天真爛漫な明るい純真な娘に描かれています。陰湿なかんじの王政君は、清らかな王昭君に心を現れていくように、ちょっと善人ぽくなって言ったりします。
 王昭君は絵師に美人に描いてもらえなかったせいで、異民族へ嫁に出されるのですが、本作では皇帝と面会を果たし、その姿と心の美しさにしばらく執着されます。
 色々ありますが王昭君の明るさと無邪気さを楽しむドラマかな?古い映像 中国4大美人の一人です。ちなみにあと三人は、西施(春秋時代)、貂蝉(三国時代・架空の人物なのに!)、楊貴妃(唐)です。
 内容は美しい王昭君は後宮入りしますが、皇帝陛下ではなく匈奴(異民族)に嫁ぎ、和平をもたらすというものです。
『クィーンズ 長安、後宮の乱』にももちろん出てきました。こっちは王政君が主人公でした。
比較すると、クィーンズの王政君は、つつましく控えめな美しさを持ち、王昭君も聡明で正義感が強い女性でした。
 本作は、王政君は軽く悪い感じで、王昭君は田舎の天真爛漫な明るい純真な娘に描かれています。陰湿なかんじの王政君は、清らかな王昭君に心を現れていくように、ちょっと善人ぽくなって言ったりします。
 王昭君は絵師に美人に描いてもらえなかったせいで、異民族へ嫁に出されるのですが、本作では皇帝と面会を果たし、その姿と心の美しさにしばらく執着されます。
 色々ありますが王昭君の明るさと無邪気さを楽しむドラマかな?古い映像ですが綺麗です。
見たことあると思ったら皇帝は封神演義の太公望(姜子牙)でした。

次はまた紀元前にいきまして、秦の昭王(28代目始皇帝のひい爺さん)を観ます。順番としてはミーユエの次ですね。ドラマ年表とか作ろうかな。
 

拍手[0回]

PR
曹操と劉備を女子化した三国志の予約投稿が終りました。もうちょっと丁寧に長く書こうかと思いましたが、もうマイブームも終焉に向かい、次の話が書きたくなったのでこのあたりで終りにします。いちおう晋の統一までいきますね。
小説家になろうアルファポリスに投稿してます。

それぞれ読者は6人と4人。これはほんと読んでくれる人選ぶなあと自分でも思います。
自分の三国志の把握用でさらに、もともとR18をR15に直したものなので、まったく趣味の塊ですね。
ちなみにR18のほうヒロイン三国ファンタジーノクターンノベルズは14人と大人のケータイ官能小説版は37人!です。

R15とR18の差ですが、もちろん官能表現に差がありますが、劉備に違いがあります。
R18で劉備は関羽、張飛、趙雲と男女の関係、また夫人二人、孫尚香とも関係がありますが(諸葛とはプラトニック)、R15では趙雲のみが劉備の恋人になってます。

またR15には曹操の恋人に典韋を加えています。

三国志は結構ごちゃごちゃしちゃうので、自分の頭すっきりように書きました。
曹操、劉備の女子化以外はほぼ三国志また正史に沿ってるので、一応短時間でわかる三国志となってます。

さて今度から中華風ファンタジーR15くらいを書き始めますー。やっと新作ですね。
いつも、読んでくださってる方々、本当にありがとうございます!

エブリスタですが、コンテストで100作品の中に「スカーレット オーク」と「爪先からムスク 指先からフィトンチッド」の二作が残りました。
嬉しいです。はやく選評メールほしいなあ!

拍手[0回]

始皇帝のひいひいおばあさんの話です。
長さも見ごたえも抜群。中華史劇の中でなかなか人気作のようですね。『宮廷の諍い女』も同じ女優(スン・リー)で大人気みたいです。こっちは時代が原作は特になしで、ドラマは清なので恐らく見ません。

野心家じゃないのに権力闘争に巻き込まれていき、最後は摂政といえども最高権力を持つ女性です。
この時はまだ、太后という立場なんですね。女帝が生まれるのは唐で武 則天のみっぽいです。
日本だと8名の女性天皇がいます!びっくり。ちらっと調べると女帝(女性君主)が多い国は日本8、エジプト(王朝ひっくるめて)20、イングランド連合10とかです。ロシアは4人。

とにかく権力闘争、主に女性同士なので、毒殺、陰謀、引きずり下ろし満載。はー、もう満腹。
女性主人公だと後宮争いが必須です。

軽く逆ハーです。同時進行じゃないけど。
ちょっとざまあが少ないので不満が残る人は残るかも。主人公、ミーユエは報われていきますが、生みの母、義母、ほか、は結構かわいそうなままで、敵にもざまあなし。
これは主人公がリベンジしない、高潔な人物として描かれているからかもしれません。
あんなに悪いことしたのに、ベッドで病死って・・・・とか思うかもね。

しかし戦国春秋時代、何百年もかけて大帝国となった秦が、始皇帝一代でほんの一瞬で倒れてしまったということには、感慨深いものがありますね。
一生懸命何時間もかけて作った料理が、一瞬で食べられたかのよう・・・。
無常を感じちゃうね。

さて、続いて、時代が前漢にいってしまいますが「王昭君」(匈奴に嫁に行ったほう)を見ることにしますね。

拍手[0回]

平日の昼間なのに混んでました。もう終わりだからかな?
Twitterでチケット売り場の待ち時間ないってあるけど・・・。結構待つので注意。

撮影許可のせいか、写真を撮る人が多く、全然進みません。しかも説明文まで撮っている。なぜかお年寄りに多かった。自作図録を作るつもりなのかなあ。ほんとにその出土品に興味あるんだろうか??
へとへとでざっとみました。おみやげにも人だかり。漫画にもゲームにもあんまり興味がないので何も買うものがなかった。ほしい玉帯はもちろん高額(*´Д`)無理

となりの東洋ミユージアムにも寄りました。これが見たくてこの時期に。
こっちのほうが実は見ごたえがあったりしてね。
三国志展で展示されている銅鑼とかかぶるものもありました。こっちは人が少なくじっくり眺めることができました。

関羽像もやっぱりでかくておおっ!と思いましたが、曹操高陵のコーナーになんだか胸が熱くなりました。素朴な白磁にしんみり。ここがいちばんよかったかな。
人形劇に人形を生で見れたのもよかったですが、やっぱり動いてるほうがいいね。またDVD観よう。
横山漫画は読んでるから、展示のほうはもうほぼ無視で。
久々の人込みで疲れましたー。


曹操の直筆とされる「衰雪」の拓本


拍手[0回]

時代は後漢、6代皇帝安帝の時代になります。 前回観た、秀麗伝は後漢、初代の光武帝ですから彼が亡くなって50年後ぐらいになります。50年の間に4人も皇帝がいるなんてね。
光武帝のころには皇后の陰麗華はじめ陰氏が活躍していましたが、もうこのころにはすっかり排されてしまったようです。色々あったようで。

さてヒロインは漢人と西域(外国ですね)とのハーフです。なので民族的差別も受けたりします。
恋に落ちる相手は、その西域の民族を(恋人を殺されたので)嫌う、貴族の教師です。
ヒロインのハンシュクも同じく教師となって務めていきます。

政治的な動きはあんまりなく、ヒロインをとりまく嫌がらせが多いかな。
カップル3組成立します。
ラブ史劇です。
コメディー調で見ていて軽快でした。
ところどころ、やはり女の敵は女。泣いた後で、そんな嫌がらせすんの?みたいな。

ヒロインが成長して認められて、ヒーローと結ばれるというお話。
不快な人物もヒロインによっていい人物になっていきます。
最終回で相変わらずバタバタまとめられる感じ。

安帝の時代のいいところを切り取ったお話。
この後は、ドラマでは好人物の鄧兄妹(実際にも節約家でよい人物だったみたい)は排されていくようです。で、漢は衰退。

秀麗伝ででていた、
馮 異役のリー・ジアハンもまた鄧騭(鄧 禹の孫)で出ていました。
馮 異は渋い役で一番好きな人物でしたが(相手役のていじゅうも素敵)今回の鄧騭は全く逆の軽薄なキャラで面白かった。役者もたいへんだなー。こっちも好きです。
これ以上、漢のドラマはなさそうです。もう次は三国志。
いつ行こうかな三国志展。9月になりそうです。

時代はまたさかのぼって、「ミーユエ 王朝を照らす月」を見始めました。これは長そう!

拍手[0回]

  *HOME*   次のページ ≫
プロフィール
HN:
萩原歓
性別:
非公開
自己紹介:
環境やスピリチュアルなことを官能表現も含めて書いています。
最新コメント
[11/02 そどど]
[11/01 そどど]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールフォームはこちらへどうぞ
フリー
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]